スポーツ

背中

現在女子ソフトボール決勝をライブで見てます。

上野投手の背中が侠気にみなぎっているように見えます。

男の中の男というか漢のオーラが出まくってます。

背中がかっこいいんです。

あの上野の球を受けるキャッチャーも凄いと思います。

うん。

|
|

stop the 白鵬

本日は白鵬戦の前に吉田アナが最初に「stop the 白鵬」と言うお言葉。

誰が白鵬を止めるのか?という言葉が続きましたが、

お!?と思いそのままTV観戦。

結果は民放に速報が流れる、という結末でした。

放送席もびっくりしてましたが。

把瑠都戦も凄かったです。

|
|

73歳以下お断り

先日TVで、グランド古希リーグ開幕というのを見かけましたtv

うろ覚えで申し訳ないですが、

群馬県で全国初、74歳以上でないと参加出来ない野球リーグでしたbaseball

現在病気でなかなかスポーツが出来ない自分には、

はつらつと動く選手、及びスタッフの方々の姿が励みにもなり、又羨ましい光景でした。

大病を克服されてる方もいましたので、自分も頑張れ、という気持ちになります。

これから手術を控えているもので。

|
|

黙祷

小林繁さんの急死が一面に掲載されたスポーツ新聞を買い漁った。

現役時代の写真を見ながら、未だに気持ちの整理がつかない。

某トレード事件、現役引退、急死と、この方はいつも衝撃的だ。

好む好まざるとに関らず。

2007年の某日本酒のCMも衝撃的だった。

自分が虎党になったのは、この選手を好きになったからだ。

しなるナイフのような投球フォーム。不屈のオーラ。

哀しみがやって来るのは暫らく後だろう。

| | コメント (0)
|

明日

↓にも書いた読売ファンの友人が、東京マラソンにフルで初チャレンジするんですよ。

完走するのが目標だそうですが、つい先日

日本で指折りのトラックランナーが何度も転びながらゴールに辿り着いたくらい

起源からして苛酷なスポーツですよね。

(マラトンの戦いの勝利を告げるため、マラトンからアテネまで走った兵士が

アテネに着くと「喜べ、勝った」と叫び、息絶えたという故事からだそうですから)

今ちょっと調べたら給水ポイントにはSS=スペシャルドリンク S=スポーツドリンク

W=水 F=給食 と場所によって食べ物も用意されてる事を知りました。

そして心肺停止となったランナーが2名も出た事も。

(但しこのランナーは迅速な対応により職場復帰したそうですが)

………。

こんなところからナンですが、応援すると共に健闘を祈ってます。

| | コメント (0)
|

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦  大阪 TV観戦
王者・長谷川穂積(真正)3-0 同級1位・シモーネ・マルドロット(イタリア)

後楽園ホールに何度か行った程度ですが、格闘の中では一番好きです。

で、その前に観たのが内藤VS亀田(大)戦だったので、同じゴールデンタイムに

これぞボクシング、という競技を放映してくれた日テレに感謝でした。

リングに上がる前のパフォーマンスを否定しませんが、それも内容あってこそ。

そして相手あってこそ良い試合となる、というのを実感出来る試合でした。

(好きじゃありませんが)日本人寄り解説は致し方ないにしても、演出過多になり過ぎず

試合終了後も互いに相手を称えあう、当り前のボクシングが嬉しかったです。

初めて長谷川選手を観たのですが、相手と絶妙な距離をとるフットワークや

紙一重でパンチをかわす柔らかなディフェンスが目を引きました。

自分的にはカットした後の戦い方が凄いな、と。

視界が血によって見えにくくなる悪条件の中で、TKOの不安とも戦いながら

12のRを使った勝つための試合運びという点ですか。

いつTKOになるかハラハラしてましたが、12Rまでいって良かったなと。

12R残り僅かでラッシュもあり、ちゃんと見せ場もありましたし。

しかし会場の雰囲気も試合に集中していて、長谷川の有効打が連続して入った時や

ラッシュの時以外は、なんだかとても静かでしたね。

お陰で有効打や空気を切る音もTVではっきり聞こえて、結構臨場感も味わえました。

終わってみれば実力通りの判定で王者が6度目の防衛に成功。

真上からマットを映すと、スポンサーの赤いロゴの上に血飛沫がかなり散ってたのが

印象的でした。

そしてKOでなくとも十分に楽しめて、見応えのある面白い試合でした。

| | コメント (0)
|

早稲田

箱根駅伝 TV観戦

毎年涙とドラマのアクデント箱根駅伝を観ていました。

TV画面では早稲田がトップを走っています。

そんな時郵便がやってきました。

早稲田大学商学学術院、浦和レッズ研究プロジェクトから

調査ご協力のお願いとあります。

この研究プロジェクトは、近年隆盛著しい浦和レッズとサポーター活動を

多角的に分析し、学術界からジャパンモデルとしてその国際優位性・

特異性を発信する事を旨としております。

なんて書いてあります。

調査内容を読んでるうちに早稲田は2位になってました。

さて、返信すべきか否か… 

| | コメント (0)
|

Spirytus

内藤3-0亀田大(判定) 有明 TV観戦

WBC世界フライ級タイトルマッチの王者に相応しい酒を用意。

世界最強の酒と知られる、アルコール度数96度のSpirytus。

水にかぼすを絞り、スピリタスを垂らした酒で祝杯。

これが飲まずにいられるか。

終始大人の対応を見せた内藤チャンプに乾杯!

色々な意味で大差があった結果だったと思う。

生観戦じゃなくて、これ程燃えた試合も久し振り。

先頃アウェーでの格闘サッカーを思い出してしまった。

実は解説の偏りにうんざりして、2画面で城南VS浦和(再)も観戦していた。

| | コメント (0)
|

BGM

夏の風物詩の高校野球。

野球界に色々と波風が立ってますが、それでも甲子園で高校野球は行なわれる。

原爆投下の時間に黙祷をする球児達を見ますと、やはり平和なんだなとは思います。

その高校野球ですが、TV画面を見ないで音だけ聞いてる事もあります。

そこで気になるのが、クイズイントロドン事ブラスバンドの曲です。

あっこちゃん、ルパン、必殺、サウスポー、タッチ他にも

ヒットした時のお馴染みの曲や、これなんだっけ?と頭悩ます曲もあったり。

ある日試合を聞きながら作業していた時、又しても聞きなれた曲が流れました。

ア~レ~フォルツァウラワレ~ズといつの間にか口ずさんでいて、何だか分かりました。

| | コメント (0)
|

NBAファイナル

BSにてMLBの放映が拡大した煽りを食ったJリーグ。

そしてもう一つNBA。

久々にTV観戦しましたら、もう知らない選手がほとんど…。

浦島太郎になりながら、それでもファイナルは見応えがあるのは知ってます。

どちらのチームを応援するでもなく第1戦、2戦、3戦と見たのですが、

どんな理由か、いつもアナウンスと解説が物凄いキャバリアーズ寄りに聞こえました。

そんな訳で完全にスパーズを応援し、ストレートで優勝した時は

とても清々しい気持ちになりました。

やはり鍵はディフェンスだな、とも思ったし。

そして又MLBの放映に戻ってしまいました。

以前は観ていたのですが、今は当て付けに観てません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧