« りす | トップページ | リハビリ »

雨が降ろうが

柏2-3浦和 国立 J1リーグ第10節 現地参戦

5/5朝、自宅の電話が鳴る。一緒に参戦する友人からだ。

体調不良で行けない、と力ない涙声。

携帯ではなく誤って自宅の電話にかけたあたりからも重症、と分かる。

チケットを無駄にするのもと思い、急遽声をかけてOKな人はビギナーでした。

聞けば友人が最近REDSに嵌り、ゲーフラ弾幕持ってゴル裏にいるとの事。

社会勉強の一貫で、自分が引率する事となりました。

チケットは指定席、お笑い応援で殺気だたない柏、横3席くらいの柵の向こうはアウェイ自由席、前から8列目のコーナー近く、ゴル裏の雰囲気も近くに味わえるし、ピッチが近くて選手も良く見える、初心者にはうってつけの好条件。

但し晴れだったら…

合羽を着込みいざ観戦。最初は小雨だったものの点が入るたびに強まる雨。

1得点目は遠く、しかもエジが倒れ込んだのでゴールになったかはっきり分からず、中途半端な喜び方に。

その後、都築の後ろに流れたボールがだるまを直撃!金の座布団からサポに向かって転がり、皆が声を上げたため、すぐにボールボーイがだるまを元の位置に。

……嫌な予感。

的中、セットプレイからの見事な得点を目の前で2発見ることに。

ハーフタイムは喫煙所で雨宿り、皆様気分を変えて後半に臨む姿勢なのか、一服しないとやってられんなのか、雲のようにもうもうと紫煙が上がっている。そんな中

普段サッカーもほとんど見ない本物のビギナーさんに、以前この国立で横浜Mに0-2で勝ってたのに、残り僅か+ロスタイムで逆転負けした話をする。

苦労や辛さを知らなければREDSの醍醐味ではない。

しかし試合展開といい、この雨といい、ビギナーさんにはいきなりハードな観戦。心配。

後半84分にオウン(その時はエジとなっていた)思わず立ち上がってハイタッチ、87分セルの逆転ゴールで完全に立ち上がって歓声上げてハイタッチ。その後うぃあ~の凱歌までお付き合いいただき帰路。

あまりの劇的さと相当ハードな雨の観戦で、ビギナーさんはもう少し穏やかなのを、と言われましたが、又キャンセル出たら行きたい、とも言ってくれました。

晴れで埼スタならそうだったかも、試合内容は保障しかねますが。

赤くは染まりませんでしたが、好天なら観戦は悪くないようでしたし、最後の凱歌の光景は印象的だったようでホッとしました。

個人的に実は試練な時で、折角久々の参戦が友人ドタキャンでその上雨かよ、でしたが、結果的に最下位だったREDSを思い出す劇的な試合に立ち会えて良かったデス。

順調な時は危ぶみ、苦境な時に光明あり、感謝の気持ちを忘れずに。

最近見たTV(岩本が出てた)の石碑に、このような言葉が刻まれてました。

セルが5年目にてリーグ戦初ゴールだったのも、自分には象徴的。

雨に打たれたからこそ、立ち向う勇気も貰えました。

初心忘るべからず、REDSに感謝。

|
|

« りす | トップページ | リハビリ »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« りす | トップページ | リハビリ »