« 吉兆 | トップページ | 処暑 »

温度

浦和2-2柏 埼スタ J1リーグ第20節 TV観戦

王子がロスタイムで決め、終了間際に魔法使いにやられ

それはもう、ジェットコースターのような感情のうねりが、1分足らずの間に沸き起こり渦巻いたわけです。

いや、もう、スペクタルファンタジーでした。ハイ。

赤赤赤で埋め尽くしたスタに一部の黄のスタンドも映し出され、揺れるスタンドに圧力又は鼓舞する声が、熱を生み出し画面越しのこちらまで届く。

どんなに報道が頑張っても、どうしても期待できない自分的には冷めた五輪。

でもREDSには感情をこんなに翻弄されてしまうくらいの高い温度がある。

あべゆはやはりボランチがベスト。

やっぱりプレイが生き生きしてる。

うん、いいなぁ。

タカももうひと頑張り。

永井とのワンツーは綺麗に決まったわけじゃありませんが、やっぱり期待してしまう。

大将来てから、王子はますます9番の輝きが増してます。

終了間際のやられ方といい、自分たちのサッカーが固まらずに苦しむ姿といい

なんというか、昔のREDSの温度を思い出させる。

|
|

« 吉兆 | トップページ | 処暑 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉兆 | トップページ | 処暑 »