« blue week | トップページ | 五月雨る »

既視感

浦和3-0千葉 埼スタ J1リーグ第11節 TV観戦

連敗中のチーム、監督の進退がかかってるらしいとかで、どうも嫌な思い出が巡りドキドキしてたら、主審の名前で更に心臓に負担が…。うぅ、咳が止まりません(只今風邪引き中)

前半は珍しくもボールを中盤でキープ出来てたのは暢久のお陰ですか。本当、ユーティリティで凄いとか通り越してますが、流石に頬がこけてるのが気になります。

阿部がジェフサポの前でフリーキック蹴ったのは嬉しかった。結果は入らなかったし、勿論ブーイングはしっかりTVでも聞こえてましたけど、それは覚悟の上の筈だったし、瀬田さんの読みも大当たりでしたね。

あれだけのシュート数に対して得点0は気懸かりでしたが、ここ最近前半イーブンなら勝ち、もしくは分けパターンを信じて後半突入。永井OUT萌IN。

で大沢さんと瀬田さんの予想を裏切る右が梅でボランチ暢久、トップ下闘莉王。ゲルト采配とポジションはまったく予想出来ず、選手すら皆目見当ついてないみたいです。

暢久と闘莉王が前線のコーナーまでボールを追い、1対2の場面にした姿を見て今日は勝ちを確信。その後は闘莉王の独壇場、先制点にアシストその後担架で退場。

その直後に高原OUTセルIN、闘莉王OUTうっちーINで磐石の構え。失点するたびに気力を奪われ動きの止まった千葉相手に、REDSは面白いようにパスを回して最後は鳥篭。なんとも王者サッカーをするREDSに違和感を持ってしまう自分。

セル相馬暢久萌辺りだったかな?左の狭い範囲でいいようにパスを回されてしまった千葉に、自信と気力はまったく見えませんでした。この光景に見覚えがあります。昔々REDSが最下位定位置だった頃、当時最強だった読売のたった2人に、まるで翼くんと岬くんのようなパス交換をされて右サイドを切り裂かれた悪夢と大変似た光景でした。今回REDSはする側でしたが、実力差をあからさまに見せつけられる悔しさを知っているOLDの自分には、身につまされるような気持ちにもなりました。と同時にあまり出ていないセルが、そのパス回しの中にいた逞しさが見れて嬉しくもあったのですが…

萌とうっちーの幻の左は外れてしまい残念でしたが、結果はエジも萌との良いコンビネーションを見せて得点、終わってみれば順位がそのまま出た結果の3-0でした。シュート数が19と8ですか。闘莉王が6GOALでリーグでは3位ですか。そうですか。

暫定で首位のようですが、まったく予断が許されない状況。ポンテ、アレ、坪井、達也、啓太、に加えて平川も全治一ヶ月な上、遂に闘莉王まで担架退場です。ここまで負けずにきたのはやはり闘莉王が攻守に大車輪で頑張ってたお陰で、遂に恐れていた事態が起きた気がします。萌が倒れるのが先か、闘莉王が壊れるのが先か、と思ってたのですが、釣男が先にきましたね。大怪我でないと良いのですが…王子にもかなり負担きてますしね。

G.W中風邪ひきで凹んでましたが、REDSが負けずに(暫定含む)首位キープとなっていたので、空色気分くらいになれて感謝感謝confident

で、今日も勝って調子を上げてきてる川崎が次のお相手ですか。移動が楽な場所だけが救いですが、これ以上怪我人が出ない事を祈ってマスclover

|
|

« blue week | トップページ | 五月雨る »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« blue week | トップページ | 五月雨る »