« 王子降臨 | トップページ | アカモノ »

適材適所

浦和1-1京都 駒場 ナビスコカップ TV観戦

中盤に出来た大穴を修正するための試行錯誤が続くと言ったところでしょうか。

梅崎は動きによってカバーしようと奮闘。しかしそれがチームとしてまだ完全に機能してるとは言い難いのも確か。それでも個の力で得点に結びつけたのは、やはり気持ちでしょうね。彼にとっても思い出の駒場となった事でしょう。とにかく初ゴールオメwine

チームは鹿戦で気力を使い果たしてしまった感じで、前半は緊張感のなさが凡ミスに繋がり失点。

後半は永井との交代まで高原が気持ちを見せてくれました。無得点でしたが、惜しいシュートもありましたし、自分でシュートしなくてもフォアザチームに徹してGKからボールを奪ってパスを出したり、そして何よりチームがタカにパスを送るのがちょっとホロリ。チームの気持ちが見えますね。ただ惜しいかな、足元への精密なパスがないのも事実なので代表で一緒だったアレやポンテが戻れば、もう少しやりやすくなるでしょうね。

あとは啓太のパスの質の向上が嬉しかったですね。攻撃に繋がる良いパスをこの試合でも披露してくれました。オフサイドになりましたが岡野へのパスなど良かったですし、上手くなってるんだなぁとしみじみ思ってしまった次第。

そして梅崎→萌へのパスは良いですね。U-23で一緒なだけあって、他の選手よりもタイミングが合ってる感じ。後は萌が決めれば完璧なので、頑張って脅威となってほしい。

久々のギシでしたが良かったですね。あの失点は仕方ないにしても、あれだけのパフォーマンスを見せてくれたのは嬉しい限り。オシムに代表呼ばれてた経験が生きたような、GKのカバーリング力も見せてくれました。

それから阿部がこの試合でも、ゴールになるシュートをゴールラインぎりぎりで防ぐファインプレイ。つい最近も新潟戦でヘッドで防いだ似たようなプレイを見たばかりですが、読みといい気持ちといい、ホント良い選手がきてくれたものです。

とはいえ試合内容は京都の組織に個のREDSがなんとか引き分けた感じ。永井や高原の惜しいシュートはあったものの、正直負けなくて良かったといった印象。

個だけ拾えばこれだけ良いプレイしてる選手もいるんですけどね。

ゲルトREDSはまだ始まったばかりですから、熟れて強くなっていくのを楽しみに。

とか思ってたら反町ジャパンと試合ですか。見たいなぁ。中継やってくれないかな。しかし問題は岡ちゃんと反町に選手を持っていかれるコト。

岡ちゃんに、けいた、あべうさ、釣男、猫パンチ、王子、タカ、と持ってかれ

更には反町に梅と萌を持ってかれる可能性大なんですが。

……この時点で8人かよ。鯱とした方が良くないですかね?

まぁでもスタメン予想してみますと、エジ、達也の2トップ、トップ下(`~´)、右にバカ川左にコック、ボランチにうっちー、後ろはツボ、堤、ホリ、GKギシ。真ん中一人足りない。

①ポンテが驚異的な回復力をみせて入る。

②アレが以下同文。

③MF登録野人が入る。

④経験を積ませるため西澤を入れる。

⑤サプライズで大将が入る。

⑥ドッキリで広瀬が入ってみる。

こんな事考えるのめちゃ楽しいんですけど、ゲルトは大変だなぁ。

|
|

« 王子降臨 | トップページ | アカモノ »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

京都戦、当初仕事の予定が入っていたため、チケットを手放していました。しかし、直前で早く上がることができましたが、後の祭り…。奥さんだけ参戦で、自分はTV観戦でした。
 
でも、奥さんを車で駒場に送って、その足でレッズゲートに行ったのですが、水内と阿部(敏之)とのトークショーを見ることができました。
そこで思ったのですが、阿部ってめっちゃ男前ですね~!!びっくりしました!!
 
さて、試合ですが…。
あかゆきさんはポジティブに捉えていますね~。自分はイライラムカムカばっかりで…。

投稿: RISING SUN | 2008年4月18日 (金) 09時34分

>RISING SUNさん

奥様乙でした。仕事ってのはそんなものですよ。自分も日曜仕事ですし。阿部ちゃんに会えて良かったってコトで。

阿部(敏)ちゃんはJ2からJ1へと上げてくれた立役者の一人。特にJ2最後の試合の雄姿は今も目に焼き付いてます。顔だけじゃなくプレイも格好良かったですよ~。今は黒髪なんですよね?茶髪のイメージが強いので『あべ?』とか思います。

要は顕微鏡で見るか、肉眼で見るか、望遠鏡で見るか、という事です。試合は良くなかったですけど、良く見れば選手のそういった良い所もあったんじゃないか?と思ったので。
それと仕方ないとはいえ目先の勝利を優先している今、中盤の大穴を埋めるために選手に余計な負荷がかかってると思うのです。とすればそれは歪みとなりやがて怪我や敗戦へと繋がります。既に王子や釣男にその兆しが見えてます。岡ちゃんが苦悶してるようにゲルトも現在試行錯誤。適材適所でマンパワーが発揮されるまで、長い目で見る必要性を感じたので。ていうか代表に取られてこれからもっと大変かと。


投稿: あかゆき | 2008年4月18日 (金) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王子降臨 | トップページ | アカモノ »