« REDS戦士1 | トップページ | 要 »

REDS戦士2

本日遂にリーグ開幕!やっぱり晴れて嬉しかったり。

相手は違いますが、去年リーグ制覇出来なかった横酷で開幕とは営業上手ですな。

本当は今日までに全部UPしたかったんですが、中々思うようにいかないのは世の常人の常ってトコですか。

でも折角始めてしまった事なのでボチボチやっていきます。

本日仕事が急遽休みになったのは、開幕なんだから念を送れ!というREDSの神様のお計らいかも。

REDSに関しては結構こういう事あったりするんです。

試合当日、急にスポンサー席だかなんだか分からない「ただチケ」が手に入り、仕事を定時で上がって駒場に駆けつけ後半戦に間に合い、その後ギドの白馬で引退セレモニーが見れたりとか他にも色々…。

でもレディアって確か悪魔がモデルでしたよね?

※2006年版を目安に設定してますが、色彩の関係上ACLユニを流用。

002_x Makoto=Oretatino=Hasebe(長谷部誠)

背番号17

無名だった藤枝東高校時代に、唯一目をつけたREDSに連れ去られ、若手を育てるのに長けたオフト監督の元でその能力を開花させた。

最大の武器は低い位置からペナルティエリア内へと侵入する切れ味鋭いドリブル。

その素晴らしい推進力は、両足に持つジェットエンジンを駆使しているため。2004年磐田戦、終了間際で見せたドリブルと勝利のゴールは伝説となっている。

その機動力は、攻撃に転じた時は優れたサッカーセンスとして発揮されゴールを決める。また守備的な時は、献身的で豊富な運動量となりチームを助ける。

端整な顔立ちで一見クールにも見えるが、ファールやレフリーの判定に対し熱く抗議するところからも、その実かなり正義感の強い情熱家である。

また2005年天皇杯準決勝、重傷を負った達也の名前を刻んだシューズでゴールを決めるなど、相当仲間思いな一面も持っている。

ナビスコ、天皇杯、リーグ、ACL等の優勝をREDSで果たした彼は2008年、自慢のジェットで遂にドイツへと飛び立った。

芯の強い彼ならば浦和で能力を開花させたように、きっと又更なる飛躍をみせるだろう。

バージョンアップした彼が、再びREDSに戻って来る日を楽しみにして。

アニキな新009と、18歳設定の平成009の真ん中を取って原作009推奨。原作は「オレ」じゃなく「ぼく」と言うのがミソ。あの顔ならミュージカルも似合うだろう。

|
|

« REDS戦士1 | トップページ | 要 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« REDS戦士1 | トップページ | 要 »