« 春雨京都 | トップページ | Palancas Negras »

春眠不覚暁

バーレーン1-0日本 バーレーン W杯3次予選 

風邪気味だったんですが、観戦しようと起きてたんです。

ところがうちの愛猫が寝なさいと苦言を呈してきまして(夜更かししてると必ず諌めに来る白眉な賢猫)結局試合観ないで寝ました。

正解だったみたいです。家族の言う事を聞いておいて。

もしかしたらサッカーの神様のお使いだったかもしれませんが…

しかし初戦から大コケしてるなんて、どこかの赤いチームみたいです。

去年リーグ制覇を逃して今季始めに監督交代、いまだ勝利に届かないアジアNO.1クラブの赤いチーム。

去年アジアカップ優勝を逃して病に倒れた監督交代、W杯最終予選前に負けたのは約19年ぶりなアジアNO.1青い代表チーム。

一番最初がどん底で後は右上がりに出来るかどうか。

苦境に立たされた時に真価が問われ、これを乗り越えられれば本当の強さに辿り着けるワケで。

好例としてつい最近、珍しくも最初に大コケしたその後、素晴らしい鬼演技を披露し挽回した世界魔王女王もいますし。

赤いチームのお陰でJリーグ草創期を思い出したのと同じで、今度は代表もドーハの悲劇時代を思い出しましたよ。

何事も初心忘るべからず、ですか…

約19年前の90年伊W杯ってあれか、ギドがマラドーナ抑えて優勝した時か。

まさかあんな凄い選手が日本にしかも浦和に来るなんて、当時思ってもみなかったよ。

|
|

« 春雨京都 | トップページ | Palancas Negras »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春雨京都 | トップページ | Palancas Negras »