« 降る雪の | トップページ | 明日 »

こんな言葉じゃ足りない

小野伸二の名前を知ったのは、読売ファン(野球+サッカー)の友人から「いい選手が入るね」と言われたのが最初でした。

しかしいくら下馬評が高くても、実際活躍出来る選手は絞られます。その時は「そうなんだ」とまるで他人事でした。

そしてまったく期待しないで、入団してすぐにスタメンでプレイする小野伸二を観る事になりました。

初めて観た伸二のプレイは日本人とは思えない程高い技術力があり、又18歳とは思えないほど老獪なプレイも見せてくれました。

まるで漫画のようにボールを手足の一部のように扱う様はワクワクした、と言うよりは衝撃を受けた事を覚えてます。

そして同時に、この選手は大将のようにはならないだろうと思ったのでした。

日本人選手の中で突出したスキルは、強くはなかったREDSに長く留まる事はないだろう、そう感じさせるくらいの選手でした。

その後伸二はクラブのスタメンで活躍するだけでなく、すぐに代表に呼ばれ98年仏W杯にも出場。決勝には出られませんでしたが、99年ワールドユースでは銀メダリストになる活躍。

以来黄金世代と呼ばれる事となります。

しかし、五輪予選にて大怪我をした事から始まり、その故障が元で五輪には出られず(選から漏れた翌日、普通にしている伸二は見ているこちらが辛かった、と大将が後に話してました)又伸二を軸として構成してしまったクラブは、伸二不在でJ2へと降格が決定しました。

移籍の噂が飛び交う中、きっと出ていくんだろうと思ってました。

恨み言ではなく、伸二ほどの選手にはもっと良い条件の所がいいだろう事と、どちらかと言えばREDSという小さな囲いが気の毒に思えたくらいでした。

この頃のREDSはそのくらい弱かった。

しかし予想は外れて伸二はREDSに留まり、再びJ1へと戻るためにプレイしてくれました。2000年、J2ではJ1との試合数も然る事ながら、審判の質の違いに随分苦しめられた。けれど最年少キャプテンとなって頑張ってくれた。

そしてREDSは劇的にJ1へと戻り、2001年伸二はオランダへと羽ばたいた。

セレモニーの時、ゴスペラーズの曲がかかっていたのを良く覚えている。お陰で伸二が再びREDSに戻ってくるまで、この曲を聞くたびに伸二を思い出したものだ。

そしてこのセレモニーで伸二がREDSを離れると実感した時、夢のあるプレーが見れなくなる残念さが押し寄せてきて、知らない内に随分と好きにならされてたものだ、と分かったのでした。

REDSに長く留まる事のない選手であったにも拘らず。

そして2006年再びREDSに帰ってきた時は、本当に嬉しかった。2006年の天皇杯での活躍や、シトンとのパス交換は本当にワクワクさせられた。

けれど怪我や戦術のせいでリーグであまり活躍出来ず、彼は随分不本意だったと思う。セレモニーもなく2008年、再びREDSを離れる事となった伸二。

一番最初に抱いた、REDSに長く留まれないという印象が結局最後まで拭えず、哀しくも寂しくもあります。

正直に言えば大将のようにREDSでユニを脱いで欲しかった。けれど選手として終わるのには、やっぱりまだ早いとも思うのです。

だから再び夢のある、輝けるプレイを少しでも長く見せて欲しいと願ってます。

小憎らしくも素晴らしい煌めきのあるパスとシュートを、もっともっと。

俺たちの小野伸二にエールを。

PS カローラフィールダーのCMが凄く好きでしたね。

|
|

« 降る雪の | トップページ | 明日 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 降る雪の | トップページ | 明日 »