« _ノ乙(、ン、)_ | トップページ | 友人も今日誕生日 »

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦  大阪 TV観戦
王者・長谷川穂積(真正)3-0 同級1位・シモーネ・マルドロット(イタリア)

後楽園ホールに何度か行った程度ですが、格闘の中では一番好きです。

で、その前に観たのが内藤VS亀田(大)戦だったので、同じゴールデンタイムに

これぞボクシング、という競技を放映してくれた日テレに感謝でした。

リングに上がる前のパフォーマンスを否定しませんが、それも内容あってこそ。

そして相手あってこそ良い試合となる、というのを実感出来る試合でした。

(好きじゃありませんが)日本人寄り解説は致し方ないにしても、演出過多になり過ぎず

試合終了後も互いに相手を称えあう、当り前のボクシングが嬉しかったです。

初めて長谷川選手を観たのですが、相手と絶妙な距離をとるフットワークや

紙一重でパンチをかわす柔らかなディフェンスが目を引きました。

自分的にはカットした後の戦い方が凄いな、と。

視界が血によって見えにくくなる悪条件の中で、TKOの不安とも戦いながら

12のRを使った勝つための試合運びという点ですか。

いつTKOになるかハラハラしてましたが、12Rまでいって良かったなと。

12R残り僅かでラッシュもあり、ちゃんと見せ場もありましたし。

しかし会場の雰囲気も試合に集中していて、長谷川の有効打が連続して入った時や

ラッシュの時以外は、なんだかとても静かでしたね。

お陰で有効打や空気を切る音もTVではっきり聞こえて、結構臨場感も味わえました。

終わってみれば実力通りの判定で王者が6度目の防衛に成功。

真上からマットを映すと、スポンサーの赤いロゴの上に血飛沫がかなり散ってたのが

印象的でした。

そしてKOでなくとも十分に楽しめて、見応えのある面白い試合でした。

|
|

« _ノ乙(、ン、)_ | トップページ | 友人も今日誕生日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« _ノ乙(、ン、)_ | トップページ | 友人も今日誕生日 »