« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

早稲田2

前回『早稲田』のタイトルで書いたアンケートですが

結局オフィシャルじゃなかったので返信しませんでした。

そしたら今日、アンケート調査に関するお詫びの封書が届きました。

特に悪意のあるアンケート内容じゃありませんでしたし

クラブに認可を取ってなかった事や、氏名や住所のデータも破棄する旨も

きちんと書かれていて、お詫び状まで届いたので誠意が伝わりました。

で思ったのは、先ずは現地に行ってういあーさんを生で見て雰囲気を体感し

その上で現地にてアンケート取るのが一番では?でした。

そして今回の件で、ローゼン閣下が有名にした翼くん給水車を思い出しました。

あれもイラクで友好目的のアピールをし、復興支援を円滑に行なうために

現地で人気のある翼くんの給水車の企画が立てられ、肖像権を持つ作者と出版社に

申請を出したら出版社内で大激論になったそうです。

しかし許可は下りて、翼くん給水車はイラクを走り

結果として一度も攻撃を受けないという自衛隊員の安全に繋がり

又現地の子供達も大喜びしたそうです。

この話は外務省のサイト、在サマーワ連絡事務所よりを読むと詳しい経緯が

載ってるんですが、良かれと思った事でも様々な見方はあるし

又筋を通し、企画が実際形になるまでの苦労話が書いてあります。

これを読んでから事を起こせば失敗しなかったのでは?と思った次第。

REDSにも明和出身の選手がいるみたいですし(笑)

| | コメント (0)
|

タカ タカ タカ

さてさて、昨季は阿部だけでしたが、今年は多くの選手がREDSに移籍。

(代わりに退団する選手達も多いですが)

その中でも現日本代表エースストライカーと言われる高原は今年の目玉。

所謂黄金世代の一人としてブンデスでも活躍、実績のある彼が

REDSを逆指名してやってきてくれました。

しかしその前情報が出た当初、うぃあーさん達はダンスの真っ最中。

『まさか』と疑って本気に出来ず、自分もそうでした。

フロントも高原の逆指名を受けてから慌てて動き出したようですが

上手く牡丹餅をキャッチしてくれました。""ハ(≧▽≦*) パチパチ♪

自分はナイジェリアで活躍した黄金世代のメンバーは好きなので大歓迎です。

だから友ちゃんが来てくれた時も凄く嬉しかったなぁ。

では高原は一体どんな選手なのか?自分が見た中で解析してみたいと思います。

①2008年新春のレッドカーペットに審査員として高原出演。

(-_-)ウーム これからREDSでお世話になる前フリか?

②報ステにて今年からトップコーチとなった福田の質問に答え、終了後

大将「リーグ得点王狙ってよ」 タカ「協力してくださいよ~」 

(-_-)ウーム 先ずはREDSに復帰する大将に協力を求めるとは、素晴らしい戦略。

裏番になる可能性が高いからな。

③代表合宿では啓太と同室らしい。

(-_-)ウーム 普通はポジションが近い者が同室になる事が多い中

REDS次期キャプ啓太とコミュニケーションを図り、早くに溶け込もうとしているらしい。

ここまで見ると彼はコミュニケーション能力が高いように見えますが

恐らくブンデスでの努力や、彼の実力と立場から成長したものだと思います。

以前やべっちにてまぶだちイナと一緒に出演していた時に、

イナ「お前から若手に話し掛けてるのを見てびっくりした」と言われてました。

これには同意見としてメントレにタカが出演していた時、ゴンがゲストコメで

ゴン「タカはこっちがレシーブして話を受けてやらないと、会話にならない」

と言ってました。

元々はシャイなタイプのようです。

しかしヤマがブログで、弟と同じ世代だからよく知ってると書いたり

先ず間違いなく岡野組に入れられ、野人にいじられると思うので大丈夫でしょう。

忘れちゃいけない静岡代表時代からの付き合い伸二もいますしね。

そう言えばあのナイジェの時は永井と高原2トップその下に伸二(+本山)だった。

まさかREDSでもう一度このメンバーが揃うなんて思ってもみなかったなぁ。

W杯予選はもとより、REDSはお皿と烏を再び!勿論ACLも!

ていうか獲れるもんは全部獲っとけ!てなノリなので活躍を期待してます。

ただ1つ、琉球FC総監督として同時期にトルシェも日本に戻ってきたのは

大誤算だったと思うのです。

トルシェにファーストキスを奪われた男、高原直泰。超ガンガレ!!

| | コメント (0)
|

友人も今日誕生日

Happy Birthday うっちー♪

タカに19を奪われる事無くお誕生日おめでとうございます。

今季もスーパーゴールで我々の度肝を抜いて下さい。

そして大将お帰りなさい♪

報ステでのはしゃぎっぷりが見れなくなるのは少し残念ですが

つっちーと大将が一緒にいるのを再び見れるのは嬉しいです。

苦しい時期を知っている経験をこれからのREDSに生かして下さい。

でも例の呪文は勘弁して下さいね。

(当時埼スタで聞いた時は、骨抜きになって雨中を帰りましたけどね)

更にお帰りなさいアレ♪

帰ってきてすぐに代表に行っちゃうみたいですが、プレイ同様髪型も楽しみにしてます。

松ぼっくりになっても大丈夫。今季は野人がパイナップルらしいですから。

それからいってらっしゃいマコ。

実は2007年オフィシャルの卓上カレンダーLを購入したら

なんと12月にいる筈の貴方がいませんでした。

その月は一日からリーグ優勝は逃すし、嫌な予感はしてたのです。

つまり2006年に購入した時、既にフラグが立ってたのかと思うと

恐くて2008年のカレンダーが買えませんでした((((;゚Д゚))ガクブル

活躍して再びREDSに戻ってきてくれる事を祈ります。

| | コメント (2)
|

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦  大阪 TV観戦
王者・長谷川穂積(真正)3-0 同級1位・シモーネ・マルドロット(イタリア)

後楽園ホールに何度か行った程度ですが、格闘の中では一番好きです。

で、その前に観たのが内藤VS亀田(大)戦だったので、同じゴールデンタイムに

これぞボクシング、という競技を放映してくれた日テレに感謝でした。

リングに上がる前のパフォーマンスを否定しませんが、それも内容あってこそ。

そして相手あってこそ良い試合となる、というのを実感出来る試合でした。

(好きじゃありませんが)日本人寄り解説は致し方ないにしても、演出過多になり過ぎず

試合終了後も互いに相手を称えあう、当り前のボクシングが嬉しかったです。

初めて長谷川選手を観たのですが、相手と絶妙な距離をとるフットワークや

紙一重でパンチをかわす柔らかなディフェンスが目を引きました。

自分的にはカットした後の戦い方が凄いな、と。

視界が血によって見えにくくなる悪条件の中で、TKOの不安とも戦いながら

12のRを使った勝つための試合運びという点ですか。

いつTKOになるかハラハラしてましたが、12Rまでいって良かったなと。

12R残り僅かでラッシュもあり、ちゃんと見せ場もありましたし。

しかし会場の雰囲気も試合に集中していて、長谷川の有効打が連続して入った時や

ラッシュの時以外は、なんだかとても静かでしたね。

お陰で有効打や空気を切る音もTVではっきり聞こえて、結構臨場感も味わえました。

終わってみれば実力通りの判定で王者が6度目の防衛に成功。

真上からマットを映すと、スポンサーの赤いロゴの上に血飛沫がかなり散ってたのが

印象的でした。

そしてKOでなくとも十分に楽しめて、見応えのある面白い試合でした。

| | コメント (0)
|

_ノ乙(、ン、)_

↓にも書いた猫の紅が、1/10から行方不明でして相当へこんでます。

高原の記者会見も釣男の特集すら忘却の彼方です。

であまりの凹みぶりに色々もらいました。

Eiko_z_2 ←エイコのサイン入りポストカード。

これは行き着けの美容室で貰いました。

その美容室にはエイコのご家族が通っているそうで、背番号32の時のも貰いました。

エイコのご家族からの年賀状も美容室にありまして、写真にある家族以外が分からない、という美容師さんに細貝と坂本を教えてあげました。

エイコがトップで点を獲ったら『エイコやったね!』と美容室に馳せ参じなければなりません。

Ponte_y ←浦和パルコのREDS GATE ONLY ITEMストラップキーホルダー。

これは浦和に勤めている友人に頼んだもの。

本当はお金を払う筈だったのですが、あまりの凹みぶりに貰いました。

10、9、16、2、23と、どれが入ってるか分からない中で自分はポンテ。友人は都築でした。

浦和駅前には選手の足型が埋めてある歩道がありますが、そこを通る時に避けて通るうぃあーさんと、気にせず通る一般の人に分かれるそうです。

うぃあーを見分ける踏絵のようで、十分な広さがあるにも拘らず、友人も狭いとこぼしてました。

Ponte2 ←三菱で貰った缶バッジ

友人が三菱車に乗ってまして点検の際、「レッズの何か貰えますか?」と言って貰ってきた物。

※この友人はスポーツにあまり興味がないため、いつもあかゆきのために貰ってくれる。

店の兄さんが箱から取ってくれたのがポンテ。であかゆきのせいで名を覚えさせられた友人が「ワシントン」と呟くと、「ワシントンいいですよね~」と本当は1つだけのところを兄さんが2つくれたそうです。何故かポンテ率高し。

もう1つポスターも貰ってきてくれたのだが、ここ数年2ndやリーグ優勝するたびに作っていたポスターデザインでした。ここにchampionのロゴがなかったり、右下にあるクラウンのビジュアルが物凄く悔しいので、前回のと張り替えるか悩み中。クラウンを形成している白部分にて参戦してたので尚更。これを毎日見て悔しさを忘れない、というのもアリですが。

へこんだ時こそ真価を問われるREDS魂、というのを思い出させてもらいましたよ。

周囲の人達に感謝をしつつ、少しづつではありますが現在浮上しようと努力中。

万に一つの可能性を信じて、帰って来てくれるのを願ってますが…

余談ですが去年こんなのも貰いました。

Redia ←ファミマの缶バッジ。

これらを付けるにはどこがいいだろう?と言うと、友人は帽子とかは?とアドバイスをくれたのだが、自分が持ってるREDSキャップは真っ赤なので、あまり目立たないと思う。黒地なら映えて良いと思うのだが。

さて、どうするか…

| | コメント (0)
|

新春恒例

藤枝東1-0高川学園  国立 TV観戦

毎年観ている高校サッカー選手権。

今回は見逃しましたが、入場行進が軍隊みたいな高校野球と違って

サッカーは選手が色々な物持ってて楽しいんですよね。

CMはJリーガーのあの頃、といった感じで今回は達也がぷうまのに出ていて

これも楽しめたり。

藤枝東は去年の初蹴りで(`~´)と長谷部と赤☆が行ってたんですよね。

そんな訳もありまして勿論応援してます。

一昨年、長いPK戦となった天皇杯磐田戦で、急遽行けなくなった友人のチケットを

推定50歳代の白髪交じりの男性に埼スタにて売ったのですが

この方藤枝東のOBだそうで、成る程このカードを観戦する訳だと思ったのでした。

対する高川学園は多々良学園から経営破綻を乗り越える記事等を読みますと

Jリーグクラブとも共通するものもあり、こちらもなんだか応援したくなったり。

結果は実力差がそのまま勝敗になったようでした。

夏に高校野球でちょっと触れましたが、応援の音楽が気になるんですよ。

藤枝東はREDSと同じチャントフレーズの応援もしてたようです。

がブラスバンド仕様の高校野球式応援もあったりと、結構ちゃんぽんで面白い。

しかし普段応援し慣れてない一般の方達に、サッカーは応援しづらそうでした。

野球は攻守がはっきりしてるし、サッカーほど流動的ではないので

普段スポーツ見慣れてない初心者の方達にも応援しやすいですよね。

余談ですが埼玉栄はエスクデロ総監督と聞いて応援しなくては、と思いましたが

某選手が鹿サポと言った時点で萎えました。

不吉なオレンジだしいいや、と思ったら本当に負けた。

そう言えばスポンサーにざばすがありましたな (゜ー゜)ニヤニヤ  

| | コメント (0)
|

初舞

さてさてストーブリーグの宴もたけなわとなってまいりました。

今年は去年よりも入れ替えが多く、踊りがいがあるというもの。

では調子に乗って踊ってみたいと思います。

Mai_y

今年もきりきり舞々

By 国立

ようし、これで海なし県でもすし爆撃機が来てくれる筈!

芸者衣装じゃないけれど、赤フリだからこれにてご容赦。

あっ、国産の方でしたね。

気を取り直して、今年戦う意気込みを。                      

2008afc_v

獲れるだけタイトル

By 埼スタ

本年もずずずい~と

宜しくお願い致しますm(_ _)m

| | コメント (3)
|

早稲田

箱根駅伝 TV観戦

毎年涙とドラマのアクデント箱根駅伝を観ていました。

TV画面では早稲田がトップを走っています。

そんな時郵便がやってきました。

早稲田大学商学学術院、浦和レッズ研究プロジェクトから

調査ご協力のお願いとあります。

この研究プロジェクトは、近年隆盛著しい浦和レッズとサポーター活動を

多角的に分析し、学術界からジャパンモデルとしてその国際優位性・

特異性を発信する事を旨としております。

なんて書いてあります。

調査内容を読んでるうちに早稲田は2位になってました。

さて、返信すべきか否か… 

| | コメント (0)
|

Kou_z_2 

あけおめことよろニャ

11/20からあかゆきの家にいるニャ

名前は紅と書いて「こう」と呼ばれてるニャ

REDSがAFCちゃんぴおんになった記念ニャんだって

今日は元旦ニャからあかゆきにお年玉をくれてやったニャ

ちゃんと干支を考えてねずみを獲ってきてあげたニャ

そしたらおせちの中からおさしみもらったニャ

うまかったニャ~

Kou02_z 

そういえばこの前ぼかとACみらんがちょこまか動いてたから

ねこパンチをくらわしてやったニャ

そしたらあかゆきが大喜びしてたニャ

Kou03_z

またニャ~

| | コメント (3)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »