« 勝ったよー | トップページ | 夢が永遠に続く夢 »

悔しい

浦和0-1ACミラン 横国 TV観戦

始まった時は瞬きするのも惜しいくらいの集中力で見てました。

いつの間にか、念を送りながらのいつもの観戦になってましたが。

ミドルシュートをいつもより多く打ったり、守備はゾーンで必ず複数でマークにいったり

個人技術の差をどう埋めるのか、REDSは今出来る限りの挑戦をし

その上で勝ちにいってました。

やはりポンテの不在は痛恨。

永井や相馬、長谷部のところでボールがキープ出来ずに

数的優位を作る間もなくボールを奪われ、防戦の時間が多くなります。

今季はそういった戦いを多く強いられたREDSだったからこそ

1失点で済んだようにも思えます。

REDSが次の段階へとステップアップするための方向性や課題等が

はっきりと示された試合。強くなるためには大変な道ですね。

とはいえ、暢久トップ下にてはりきりミドルシュートは一番得点の匂いがしました。

やっぱり凄い存在です(`~´)リーグ終盤いなかったのは本当に痛かった。

そんな中、惜しむらくは終了間際に平川がクロスを上げなかった事。

1%でも可能性を信じて上げて欲しかったので、これが凄く悔しかったです。

試合終了後、啓太の悔しさにまみれた顔や阿部の吊り上がった目が

選手達が挑戦ではなく勝ちにいってたんだと教えてくれた。

負け試合だったけれどまた1つREDSが好きになったよ。

今年最後のゲームが残ってます。また釣男脱落ですが全力で行こう!

|
|

« 勝ったよー | トップページ | 夢が永遠に続く夢 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝ったよー | トップページ | 夢が永遠に続く夢 »